【Fallout 76】収納箱(容量)の無限化とその方法

2018年12月15日

12月4日のアップデートで容量が400から600に拡大されました!

収納箱とは?

収納箱(Stash)とはキャンプで製作したり、駅に設置されているVault-Tecのロゴが入った青色の箱の事です。収納箱にアイテムを入れることで、プレイヤーはインベントリを気にせず大量の物資を持ち歩くことができます。この収納箱は自分しか使えないため、誰かに奪われる心配もないのです。加えてアイテムは他の収納箱と中身が繋がっているため、どこでもアイテムを取り出すことができます。

この収納箱は中身が繋がっているので使いやすく便利なのですが、v1.0.3.1時点で容量が600しかありません。一見して十分に見えるこの数字ですが、Fallout76をプレイしているとすぐに一杯になります。他の収納箱を作っても中身が繋がっていますから、意味がありません。

加えて収納箱意外の箱(コンテナ)を作ったとしても、収納箱と同じ扱いで中身が同じになります。この点はある意味トラップで、「よし!収納箱いっぱいだな。じゃあ別の箱を作ろう!」と意気揚々に設計図を買って作って見ると中身が同じだった、みたいな絶望があります。

そもそもなぜ400だったのか?

Bethesda公式の回答は、「技術的問題」とされています。サーバーが保存できる世界中のコンテナのデータを考えると、400とするしかなかったそうです。彼らはRedditまで出向いて、この問題へ回答しました。この回答によると、Bethesdaは既に収納箱の容量不足について把握しており、今後容量を増やしたり等の対策を取ることを報告しています。

より大きな収納箱の容量:このことが多くの不満を生んでいることを理解しています。400の容量制限のある収納箱は、時間をかけて改善していきますが将来的には増やす予定です。

しかしこの“容量を増やす"というのがいつなのかわからない上、この問題はリアルタイムで今みんなが困っている問題でもあります。悠長にアップデートを待つほど余裕のあるものじゃないですよね?

収納箱の容量を無限化してみよう

では今できる対策はなんでしょうか。もちろん収納箱の中身を整理したり、アイテムを売ったり、諦めて大量の物資を持ち歩くのもベターな手かもしれませんが、最もいい方法ではありません。

最もいい方法は、サブキャラを利用する方法です。Fallout76は自由にキャラクターを追加作成できます。これらのキャラクターはメインキャラとは別に独立したインベントリを持つため、彼らに大量の物資を持たせることで捨てたり売ったりする事なくアイテムを保存できます。

この方法はバグの悪用やハックといった不正行為ではないため、誰でも安全にできます。

1. 新規キャラクターを作る

サブキャラを利用するワケですから、新しくキャラクターを作る必要があります。メインメニューのCharacterからNEWを選んで新しいキャラを作りましょう。見た目や名前は適当で構いません。作成できたらさっさとVaultを出て、メインキャラと合流するための場所を目指して移動します。

今回はテストなので、Vaultから北東にあるモーガンタウン駅に行きました。

2. フレンドのセッションにメインキャラで入る

言い忘れていましたが、この方法にはフレンドが一人必要です。加えてそのフレンドがオンラインでなければサブキャラへの受け渡しは不可能です。

フレンドがいない場合は、その辺のプレイヤーにフレンド登録を送りまくりましょう。運が良ければフレンド登録してくれます。

メインメニューのCharacterからメインキャラを選択し、Socialからフレンドのセッションに接続します。接続できたら、サブキャラを移動させた合流地点に向かって下さい。

3. コンテナにアイテムを入れる

メインキャラで合流地点に移動したら、近くにあるコンテナにアイテムを入れます。どんなコンテナでもいいです。預けたいアイテムを全てコンテナに入れたら、セッションから退出します。(周囲に他のプレイヤーがいたら最悪奪われる可能性もあるので注意して下さい。)

4. サブキャラでフレンドのセッションに接続する

ログアウトしたら再びCharacterからサブキャラを選択し、Socialからフレンドのセッションに接続します。ここまでの間に対象のフレンドがセッションを出たり、別のセッションに入ったりしたら、先程コンテナに入れた全てのアイテムが消失するため注意して下さい。(実際には消えませんが、同じセッションに入れなければ失ったも同然です)

サブキャラでうまくフレンドのセッションに入れたら、メインキャラでアイテムを入れたコンテナを開きます。誰も手を付けていなければ、中に全てのアイテムが入っているはずです。(入っていない場合は、そのフレンドがセッションを変えたかもしれません)

そのアイテムを全部取り出した段階で受け渡しは終わりです。

メリットとデメリット

この方法の最大のメリットは、無限にアイテムを保管できる上、消えてしまう心配がない事です。キャラのインベントリは永久に保存されますから、安全かつ確実なところがポイントです。またフレンドさえいれば手軽に受け渡しが出来る点も良いです。

デメリットは、とにかく手間が掛かる点です。いちいちログアウトしてログインして…と多数のロードを挟むため、ただ収納箱に入れるより面倒です。またフレンドがいないと不可能な所も不便ですね。フレンドがセッションを変えたり、ログアウトすることで預けようと思っていたアイテムを失ってしまうリスクもあります。

とはいえ、この方法は収納箱の容量やインベントリの重量で悩む殆どのプレイヤーの問題を解決すると確信しています。この方法で貴重な弾薬やジャンクを捨てること無く無限かつ無期限に保存できますから、利用しない手はないでしょう。

安全な方法で預けよう

もしフレンドと意志の疎通ができ、相手に時間的余裕があるなら、コンテナ等に入れるより直接渡して持ってもらいましょう。その方が鯖落ちやフレンドがセッションを変える事による事実上の消失といったリスクを大きく減らせます。一つ一つトレードで渡すのは大変ですが、あらかじめ渡すものを決めておいたりすればそこまで大変じゃありません。(もちろん持ち物の殆どを預けたい場合は、それなりに時間がかかります)