3ヶ月ほど真面目にゲームブログを運営して得た収益と感想

結論から入りましょう~。

  • 得た収益:35万くらい
  • やめた理由:進学して時間確保できなくなった
  • 感想:収入がガンガン増えてくのが楽しかった

なぜブログを作ったか?

→ ワクワクして買ったFallout76がバグだらけのクソゲー(初期の話)だったからムカついたので、"これをネタに記事を書いて元を取ってやろう"と思ったから。原動力はIkariだった。

結果が出るまで

結果が出るまで1ヶ月半くらい掛かりました。というのも俺の場合は、最初のうちは「どうせこんなもんで稼げるわけ無いだろうな~」と思いながらダラダラやっていたので明確な結果が出るまでかなり時間がかかったんだと思います。もっとスケジュールを立てて最初から真面目に更新していれば、10日ほどで結果が出るんじゃなかろうか。

基本4~5日に1記事更新で、Googleの広告主審査(ブログに広告を貼れる審査)に通ってからは、毎日1日1記事、多いときは4~6記事ほど投下し続け、とにかく「Fallout76」での検索上位に食い込もうと必死になりました。なのでこの記事タイトルにある「3ヶ月」という期間は“Googleアドセンスの広告審査に通ってから"、つまり波に乗ってからのものであり、ブログの準備や基礎となるコンテンツづくりにかかった時間はだいたい200時間以上はあると思います。

時給いくらだったのか?

時給では無いんだ…ッ

大まかに計算しても500円くらい。それ以上は無いと思う。

ブログなんて書くより、普通にバイトしてたほうが時間対収益はデカイです。1記事書くのに2~3時間、もらえる給料数百円、それが弱小ブログ。ただブログを更新しない日でも同額の儲けがある、つまり働かなくても収入が生まれるのがバイトとの違いです。

俺のブログは「ゲーム攻略系」の雑記ブログなので、話題の大半はゲームの攻略記事やニュースです。その上やっているゲームは洋ゲーだらけなので、情報収集は常に英語サイトとの睨めっこでした。なので基本的にひとつの記事を書き上げるまでに数時間、場合によっては2日くらいかかるのは当たり前の状態でした。

また1日の収益はアドセンスのみで5000円くらいでした。毎日更新してたときのピーク額ではありますが、時間あたりの収入で考えたら相当低いですね。

ピーク時の月間収益

ピークはAnthemがクソゲーだということがバレてDivision2が発売された2019年3月ですね。とりあえずDivision2の攻略記事、ニュース記事をひとつでも投稿しておけばガツンと収入が増える。そんな感じでした。

だいたい10万くらいだったと思います。4月は倍くらい行ったんじゃないかな。まぁこういった流行?の波みたいなものはもちろんゲームにもあるので、うまく乗れるとブログの知名度も収益も一気に伸ばせると思います。

やめた理由

  • 進学して更新する時間の確保が出来なくなったから。

単にそれだけなのですが、環境が変わった事で趣味へ時間を割く心的余裕がなくなってしまった事、といった方がしっくりくるような気がする。別にゲームは続けてたんですが、ブログを更新する心の余裕がなくなった感じですね。

なので今のタイミングでの更新なのです。余裕が出てきたから復活みたいな。

感想:ゲームブログは儲かるのか?

普通に儲かる。そして他のジャンルより短期間で成果が出る事と、自分も楽しみながらお金稼ぎが出来るのが特徴ですね。ただし記事を書くのにゲームをする必要があるので、ゲームが出来る時間と記事を書く時間が無ければ大きな収益を得るのは難しいと思います。

自分は卒業して進学するまでのヒマな時間をうまく当てたので時間の問題はクリアしていましたが、働いている人はそうはいかないよね。だからニートの人には超オススメだよ。最速でコンテンツを体験していけるニート君はどんどんゲームブログ作ると良いよHontoに!

つづく