あの”Anthem”はどう変わったのか?→超絶○○ゲーに…

 少なくともBiowareがゲーム全体を修理しきるまで待とうかと思っていたが…。

 正直もうAnthemちゃんは踏むところがないくらいボコボコに踏んづけられていると思うが、存在を思い出してしまったので記事にすることにした…。Anthem好きな人ごめんな。

なにが変わった?

天変地異アップデートは5月→8月に延期

 結局、当初予定されていた天変地異アップデート延期に延期を重ねて8月に配信されました。もうすっかりお通夜状態でプレイ人口が激減していたため、特に盛り上がりもなく「あ、あったねこんなゲーム」的な反応を残してフェードアウト。後に計画されていたフェーズ2、フェーズ3に関しては、多くの修正がなされていない現状では実装不可と判断され計画自体が白紙に戻されています。

 初期よりもバグは修正され、プレイのしやすさの改善、アイテムやアーマーの追加がされてきたものの、ゲーム自体の問題点は大きく解消されていません。kotakuのこちらの記事(英語)では、開発元であるBiowareがAnthemの完全なオーバーホール(作り直し)を計画していることが発表されており、プロジェクトは「Anthem2.0」や「Anthem Next」と呼ばれていますが、詳細はほとんどわかっていません。少しずつアップデートされるのか、一度にリリースされるのか、そもそもどれくらいの期間をかけて行われるプロジェクトなのかも…。

つまり、なにも変わってない

 確かなことは、このゲームが死んでいるということだけ。新たなコンテンツやアップデートはされつつも、基本設計は大きく変化していないため、未だにクソゲーに変わりないです。当初よりも多少はマシなゲームプレイが待っていることは明らかですが、一度離れたプレイヤーを呼び戻すほどの"何か"は無いまま。

 Anthemの将来について曖昧なことを言い続けるEAと、既にゲームの存在すら忘れているプレイヤーが待つ未来…それは“過疎"。

超絶過疎ゲーに…

広大な世界でひとり・・・

 先週の金曜日、久々にログインして大変動をプレイしようとしましたが、誰もセッションに入ってこなかったです。結局30分ほど待ってログアウトし、ため息をついたのでした。

 Anthemの初動の失敗、バグの多さ、アップデートの延期といった問題は、当然のごとくアクティブプレイヤー数の激減に繋がりました。マッチメイキングの問題はどのハードでも起きており、とりわけPC版の過疎がひどいとの事。定期的なクラッシュや接続エラーは未だに起こるようで、Redditでは「復帰したら楽しい?」といった投稿に対し、「やめとけ」といった否定的な意見がよく返されています。

 また既に天変地異アップデート実装から3ヶ月あまり経過していることもあり、アップデートに合わせて復帰したプレイヤーたちの"熱"は冷めきっています。Redditではどの時間帯が他のプレイヤーとマッチングしやすいか議論されるほどです…。

結論:現時点で"変わった"と言えない

 AnthemがNo Man’s SkyやFF14のように、失敗したものの着実な改善をもって評価し直されたゲームと大きく異なるのは、今後の修正計画があまりにも曖昧で、見通しのないものとなっている点です。この非常にゆっくりで先の見えない改善案と、コンテンツの追加計画すらない現状では、多少何かが改善されたとしてもプレイを継続する理由は生まれないでしょうね。

 プレイを開始して数時間のうちは、美麗なグラフィックと斬新な飛行アクションに心を奪われるものの、クリアに近づきエンドコンテンツに突入すると途端に嫌われてしまう現在のゲーム性は、まだまだ"良くなった"と表現するには程遠いレベルにあるように思います。